アフィア株式会社 - Afia Corporation

サイトマップ | 利用規約

お客様からのコメント

和文・英文両方の履歴書作成をアフィアに依頼しましたが、どちらも素晴らしい出来あがりでした。私が自分で作成した下書き+簡単な情報を伝えただけなのに、職務内容・自分のアピールすべきポイント等を完璧に理解し、私自身が読んで「なるほどこう書けばよかったのか」と驚かされるほど非常に的確な表現の、簡潔に無駄なくまとまった履歴書が送られてきて本当に感心しました。自分だけでは絶対にこのような素晴らしい履歴書は書けませんでした。求職活動において履歴書は非常に大切なものですから、アフィアのようなプロに依頼して大正解だったと思います。今後転職活動する友人がいたら全員にお奨めしたいサービスです。

(旅行会社、女性27歳)


「どの本を見ても、また誰に聞いても(英語のネイティブも含めて)、自分を最も良くアピールする履歴書が書けませんでした。アフィアはしかし、その職がどういった資質を求めているのかを瞬時に理解し、またそこに私自身のアピールすべきポイントを見事につなげてくれました。今までしてきたこと、そしてこれからするべきことを、このレジュメが私自身にさえ明確に示してくれた気さえします。レジュメ提出という最初の一歩でこのように順調にあゆみ出せると自然と自分に自信がつき、その後の面接などの各段階でも余裕をもって自分の魅力をより良く伝えられるものです。このアフィアの顧客ニーズの理解や的確な指導は、彼ら自身の受けてきた高度な教育、幅広い知識や経験、そして高い人間性ならではのものだと思います。絶対おすすめです。」

(国際物流、27歳)


「履歴書というのは、自分のこれまでの人生を凝縮したものです。これまで自分がどんなことをしてきて、どんな事を学んで、どんなことができるようになっていて、そしてその結果、この先どんなことをしたいと思っているのかがすべて詰まっているものです。Afiaはこれらを明確に引き出し、すっきりときれいにまとめてくれました。転職活動のためだけではなく、自分自身を見つめ直すいいきっかけとなりました。」

(メーカー、女性24歳)


「現在、求職中ですが、厳しい就職戦線の中、職歴書の書き方で大きく自分の未来も変わってくると言っても過言ではないと思います。 第三者の意見を求めようにも、人材コンサルタントでも職歴書の書き方をアドヴァイスできる人はなかなかいません。 まして英文履歴書の場合はなおさらです。 アフィアで履歴書を見直していただき、私の経歴がこんなにも印象が変わるのかと驚いています。 このようなプロのサービスは、私にとって非常に心強い味方です。」

(経理、女性)


「履歴書に求められることというのは 一貫性(志望動機、経歴、できれば資格等、自分のアピールポイント→自分はこれこれこうで、 こういうことができるので御社を志望しました、みたいなものがすべてつながっていること)だと思うのでそれをどううまく形にするかノウハウを適切に教わり、 ちょっとしたヒント(といってもアフィアが指摘してくれて見えてきたこと)から新しい発見をすることができ、自信が持てるようになった。」

(システム管理者、男性31歳)


「異業種を志望していたため、自分の現在のキャリアをどのような表現し、どのような順番で書けば効果的かについて熱心に指導していただきました。 また、フォントやレイアウト、英文履歴書において有効なAction Verb等々、細かい点のフォローも完璧でした。 転職活動中、数社のエージェントにコメントをくれるように依頼しましたが、どこからもコメントが入ることはありませんでした。」

(金融、女性25歳)


「おかげで自分のアピールの仕方がわかりました。 履歴書で何をどの順番で書くと効果的か、日本語と英語における書き方の違いなどがわかり大変参考になりました。」

(外資系投資銀行、男性27歳)


「論文やレポートでもそうですけど、自分が書いたものって、独りよがりになる傾向があると思うんですよ。 書き終わったことに満足してしまって、自分の言葉に酔ってしまうというか。 そこで第三者の目からの意見というのが読み手の印象を改善するのに重要になってくると思います。 でも論文やレポートなら教授や上司のチェックが得られますけど、履歴書はプライベートな内容なので友人にもなかなか相談できないですよね。

その点、アフィアのカウンセリングは非常に有益でした。 短く簡潔にかつインパクトのある表現。 アフィアのアドバイスは自分の履歴書のレベルを飛躍的に向上させてくれたと思います。 更に英文履歴書に関するネイティブのチェックも非常に役立ちました。 英語で気の利いた表現ってネイティブでもないと思いつかないですからね。 そんな細かい表現の違いが読み手の印象を左右したりするものではないでしょうか。」

(外資系経営コンサルティング、男性27歳)


「履歴書のチェックって、実は相談しにくい内容ですよね。 同僚に聞くなんてできないし、ましてや英文の履歴書って、スペルミスや表現方法などどうしてもアドバイスしてもらえる人が限られます。 間違っていたりしたら、外資の場合、言い訳効かないですから。

そんな時、アフィアの適切なカウンセリングが非常に役立ちました。 第三者だからこそ、機密も守られるし、客観的かつ親切なアドバイスで非常に参考になったし、履歴書に自信が付くと面接でも堂々としてられるのですよね。」

(外資系マーケティング、男性35歳)


「外資系の会社への転職を模索していた当時、英文レジュメ及び、面接に関して様々なアドバイスを戴きました。 アフィアからのアドバイスを受けてからは書類選考、面接においてもそれまでとは打って変わり、非常に楽に転職活動が進んだ事を覚えています。 レジュメ、面接といった限られた機会の中で、如何に自分を簡潔ながら、解りやすく、印象的に売り込むかという技術は無論、あらゆる局面において有効な技術です。

巷にはそのような技術の習得を目的とした様々な本が本屋に溢れていますが、アフィア の提供してくれるサービスはより実践的であり、確かな効果をもって短期間で成果を齎してくれたと確信しています。」

(外資系投資ファンド、男性24歳)




Copyright 2003-2010 Afia Corporation. All Rights Reserved.